プロポリスの歴史について

プロポリスの語源はギリシャ語からきているようです。プロはプロップ(支柱)というラテン語から、ポリスは都市の意味を持つギリシャ語で、”蜂の都市を支える柱”という合成語になったようです。

この名前で呼ばれるようになったのは十七世紀以降ですが、プロポリスはそれ以前からもミイラを意味するマミイという名前で知られていました。

古代ギリシャからその効用は知られていたようでアリストテレスも『動物誌』の中で皮膚疾患、切り傷、感染症に効果あり、と記述しています。ローマのプリニウスも『博物誌』で体内に入ったトゲの摘出や神経症、皮膚病に有効としています。他の文献の記述によれば、腫瘍や炎症、毛髪の発育促進などにも使われていたとのことです。

古代エジプトでも、その防腐効果を利用してミイラづくりに一役かっていたと推測されています。古代インカ帝国、アラビアでも薬として知られていました。18~19世紀にかけては外傷に対する治療薬として使用されました。

イギリスと南アフリカのボーア戦争では、ワセリンにアルコール抽出のプロポリス液を加えプロポリスワセリンとして、兵隊の傷口の治療に使われていました。しかし、その後の西洋医学の発達特にペニシリン等の抗生剤の開発によって、その存在は忘れられていました。

しかし、私たちの体は下等生物である微生物由来の抗生物質や人工的な化学製剤を異物として認識するために、それが副作用や耐性菌の出現を招くことになり、近年抗生物質の乱用が問題化しているなかで、プロポリスは加速度的にその安全性と効果が見直されています。

ブラジルなどでは、どこの薬局でも買えるポピュラーな民間薬として知られていますし、欧米諸国ではその歴史も古く、実際に医療薬として使用されている国も多くまた、民間療法としてのプロポリスの利用法は、やけどやニキビ、イボ、シミ、帯状疱疹に塗布するなどです。実際めざましい回復をするようです。