抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬分類

現在たくさんの抗アレルギー薬が存在しています、抗アレルギー薬の種類・性質・系統などに従って分けていて、あるいは抗ヒスタミン薬を含むか否かによって分けられています。本文は抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬分類について紹介します。

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬を分けて表記するものが多いですが、考え方とすれば抗ヒスタミン薬も抗アレルギー薬の一種であり、抗アレルギー薬とはとはアレルギーを抑える薬の総称であると理解するとわかりやすいです。効能は個々に細かい違いはありますが、広くは、ヒスタミン受容体をブロックする働きがあるものです。

抗ヒスタミン薬
ヒスタミンとは、体内に存在する物質で通常は不活性状態です。ヒスタミンが活性状態になる時は外的要因が主で、外傷・火傷・毒物や薬物による刺激などによってヒスタミンは分泌され活性されます。

通常の活性であれば問題ありませんが、ヒスタミンが何らかの原因で過剰に分泌されると人体に不快な作用をもたらしたり、時には命に関わる症状までもたらします。
これが蕁麻疹やアトピー、花粉症などのメカニズムと解釈されています。

ヒスタミンにはH1~H4の受容体があり、その多くは解明されてないとは言え、H1受容体にヒスタミンが結合すると、皮膚のかゆみやくしゃみ・鼻水といったアレルギー症状を引き起こすことが解っています。蕁麻疹が典型的な例です。
その結合をブロックする働きがあるのが抗アレルギー薬です。